仕様一覧

シート防水工法の仕様

KRK標準工法

表を横にスライド >
区分 KRK
工法記号
工法名称 下地 工法の特長 RV RN RP RE RT
















F101 露出接着工法 RC
豊富な色彩と軽量かつ優れた防水機能をもつ。シート防水の基本工法である。
F102 露出接着工法 PCa
ALC
防水下地のムーブメントで破断しないよう工法的に処理されており、優れた防水機能を発揮する。
F201 軽歩行接着工法 RC 豊富な色彩と軽量かつ優れた防水機能をもち、併せて軽歩行が可能である。
F301 保護接着工法 RC 保護層を設けることにより、歩行が可能であるほか、広範囲の部位への適用が可能である。      
F301W 保護二層
接着工法
     
F401 露出断熱
接着工法
RC
PCa
ALC
豊富な色彩と軽量かつ優れた防水機能をもち、併せて断熱効果を発揮する。  
F501注1 保護断熱
接着工法
RC 防水層の保護と断熱効果の保持をはかり、かつ、歩行を可能にする。        
F501D 保護断熱
接着D工法
RC 断熱材が防水層の上層となるため保護層の影響を受けにくい。    
F501DW 保護断熱二層
接着D工法
     







M101 露出機械的
固定工法
RC
PCa
シートを下地へ機械的に固定するので下地の影響を受けにくい。    
M102 露出機械的
固定工法
ALC    
M201 軽歩行機械的
固定工法
RC 機械固定のため、下地の影響を受けにくく、かつ軽歩行も可能である。    
M401 露出断熱機械的
固定工法
RC
PCa
ALC
断熱材とシートを下地へ機械的に固定するので下地の影響を受けにくい。    
M403 金属下地断熱
機械的固定工法
金属 乾式の金属下地への機械的固定工法で、軽量でフラットな屋根となり、下地含めた工期が短い。    
M501注1 保護断熱機械的
固定工法
RC 防水層の保護と断熱効果の保持をはかり、かつ、歩行を可能にする。        
M501D 保護断熱機械的
固定D工法
RC 断熱材が防水層の上層となるため保護層の影響を受けにくい。