仕様と施工

シート防水工法の標準納まり図

接着工法

加硫ゴム系シート

KRK工法番号 RV-F101/RV-F201

シート種別 工法の種類 適用下地 JASS 8 国土交通省
加硫ゴム系シート 露出接着 RC S-RF S-F1

【備考】(1)RV-F201は軽舗装材を塗布する。
(2)パラペットに笠木を用いる場合はRV-F102を参照(以下同)。

KRK工法番号 RV-F102

シート種別 工法の種類 適用下地 JASS 8 国土交通省
加硫ゴム系シート 露出接着 PCa・ALC S-RF S-F1

【備考】(1)下地調整材の適用、使用量及び下地調整材を処理した場合のプライマーの塗布はルーフィングシート製造所の工法による。
(2)PCa部材、ALCパネルの短辺接合部は絶縁用テープを張る。

KRK工法番号 RV-F301W

シート種別 工法の種類 適用下地 JASS 8 国土交通省
加硫ゴム系シート 保護二層接着 RC

【備考】(1)ルーフィングシートは加硫ゴム系シート又は非加硫ゴム系シートの同種、あるいは異種2層の組合せとする。
(2)立上り面のシートを露出する場合は仕上塗料を塗布する。

KRK工法番号 RV-F401S

シート種別 工法の種類 適用下地 JASS 8 国土交通省
加硫ゴム系シート 露出断熱接着 RC・PCa・ALC

【備考】(1)断熱材は接着工法用のポリスチレンフォーム又は硬質ポリウレタンフォームを用いる。
(2)工程4の接着剤の塗布材料は、下地面のみとする。
(3)シートは裏面にあらかじめ接着剤を塗布したシートとする。

KRK工法番号 RV-F401

シート種別 工法の種類 適用下地 JASS 8 国土交通省
加硫ゴム系シート 露出断熱接着 RC・PCa・ALC S-RFT SI-F1

【備考】断熱材はポリエチレンフォームを用いる。

KRK工法番号 RV-F501DW

シート種別 工法の種類 適用下地 JASS 8 国土交通省
加硫ゴム系シート 保護断熱二層接着D RC

【備考】(1)ルーフィングシートは加硫ゴム系シート又は非加硫ゴム系シートの同種、あるいは異種2層の組合せとする。
(2)断熱材はポリスチレンフォームを用いる。
(3)立上り面のシートを露出する場合は仕上塗料を塗布する。