事業内容

会長ごあいさつ

合成高分子ルーフィング工業会会長
藤本 庄三


合成高分子ルーフィング工業会は、1970年にシート防水メーカー22社による懇話会としてスタートし、1978年に工業会に改組されました。そして諸先輩方の不屈の努力とお世話になりました各方面の関係者の皆さまのお蔭をもちまして、工業会設立50周年を迎える運びとなりました。書面をお借りし心より感謝申し上げます。

シート防水の業界は初期の段階で材料の品質、工法、施工方法、施工品質に不安定な要素が多かったため、拡販には大変な苦労がありました。しかし、より耐久性のある防水層とより確実な防水工法の開発の為に会員同士は常に切磋琢磨し、工業会の活動では現在賛助会員として加盟して頂いている副資材のメーカー、商社の皆さまの協力も得ながら、すべての会員が中立の立場で業界での地位確立の為に尽力して参りました。その結果、防水業界全体で大きなシェアを獲得するに至っております。

とりわけJIS規格の改正作業、JASS8の改正作業、各中央官庁などへの採用活動他、会員単独ではハードルの高い活動を工業会として共同で継続し、結果を出せたことはシート防水全体の発展に貢献出来たと思っております。

近年、我が国は大変な自然の猛威にさらされており、露出工法の多いシート防水にとりましては大変厳しい環境下にあります。

また「働き方改革関連法」の成立、施行で作業の効率化を強く求められる事になるでしょう。
私達は今後の市場のニーズにお応えするべく、日本防水材料協会(JWMA)ともしっかり
協力体制を構築し、活動内容をさらにレベルアップさせ、業界における地位向上の為に尽くしてまいります。

関係各位の益々のご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。