シート防水材とは

シート防水の分類

ルーフィングシートの材料による分類

シート防水に使用されている材料

非加硫ゴム系

特 長

1.内部応力緩和性(塑性)を持つ柔軟なシートで複雑な下地に対してなじみ易い
2.シート同士の接合部が同質一体化し水密性が高い
3.コンクリート躯体への接着力が強い
4.生コンクリートが硬化する際の水和反応進行と同時に非加硫ゴムシートと反応してコンクリートと非加硫ゴムシートが接着する(化学的反応接着)

特長を生かした防水工法

1.瓦棒屋根改修工法

断熱性能付加を必要とせず、直接「瓦棒屋根」を改修する場合適用いたします。 瓦棒屋根は、複雑な役物の連続で内部応力緩和性と接合部の同質一体化する 特長を生かす事が出来ます。

2.地下防水先やり工法

地下防水先やり工法では山留め側(SMW・親杭横矢板・他) に仮止めした非加硫 ゴムシートと打設したコンクリート躯体とがの特長である、化学的に反応接着して背面被圧水に対し水密性を発揮します。

3.地下防水後やり工法

非加硫ゴムシートはの特長であるシート同士の接合部が同質一体化する事との特長である躯体に対する強固な接着性で多くの実績を重ねております。 防水工事施工後の埋め戻しの際は、川砂30cmごとに水締め・タンピングを丹念に 行う事が肝要です。