出版物

KRK シート防水マニュアル

シート防水が国内で紹介されて60 年近くが経過しました。現在では、合成高分子系シート防水工法はメンブレン防水の中でトップシェアの30%以上を占め、アスファルト系の防水工法のシェアを凌ぐまでに発展しています。シート防水の更なる発展のため、新規に開発された工法を含め、シート防水に関する理解を深めていただくための活動を継続することは、ますます重要になっています。

合成高分子ルーフィング工業会(KRK)では、シート防水を広く深く理解していただくことを目的として1980年11月「シート防水マニュアル」を発刊いたしました。以来、その改訂は1989年、1994年、2002年、2006年及び2010年と今回で計6回目になります。

今回の改訂は、平成25年度版「公共建築工事標準仕様書」(国土交通省)での改訂内容の反映、新規工法としては、ポリエチレンフォームに比べ断熱性の高いポリスチレンフォームを用いた加硫ゴム系シートの断熱材部分接着、ポリウレタンフォームを用いた塩化ビニル樹脂系シートの断熱材部分接着による露出断熱接着工法および高耐久化を意図したエチレン酢酸ビニル樹脂系シートの保護断熱密着工法(2層防水)の追加を実施しています。また、2013 年10 月に施行された省エネ法の改定内容、その他最新の情報の追記等を実施しました。

本書が防水に携わる皆様方に広く利用されると同時に、ご批判、ご指導を賜り、より充実した内容に改善していきたいと考えています。

■発刊:2014年10月
■編集:KRKマニュアル改訂委員会

主な内容は下記のとおり。

■ 目 次
  • 第1章 シート防水のあらまし click [700KB]
    1-1 シート防水の特長
    1-2 合成高分子ルーフィング工業会の活動
    1-3 シート防水の歴史
  • 第2章 シート防水の材料 click [644KB]
    2-1 シート防水材の分類
    2-2 シート防水材の種類
    2-3 副資材
  • 第3章 シート防水の使い分けと標準工法 click [2083KB]
    3-1 シート防水層の種類
    3-2 標準工法と適用部位
    3-3 各標準工法納まり図と工程
    3-4 ALCパネル下地の接合部処理
    3-5 シート相互の接合
    3-6 出・入隅角の処理
    3-7 パイプ回りの処理
    3-8 ドレン回りの処理
  • 第4章 シート防水の施工 click [1071KB]
    4-1 下地条件
    4-2 施工管理と施工のポイント
    4-3 保護層
  • 第5章 シート防水のQ&A click [1540KB]
    1 シート防水の機械的固定工法
    2 地下防水におけるシート防水工法
    3 屋上緑化におけるシート防水工法
    4 熱可塑性エラストマー系シート
    5 シート防水の耐風圧性
    6 シート防水のふくれ対策
    7 シート防水施工時の温度
    8 シート防水の耐用年数
    9 シート防水の劣化診断
    10 シート防水の損傷防止
    11 シート防水のメンテナンス
    12 シート防水のリサイクル
    13 シート防水の環境対応仕様
    14 屋根防火に関する建築基準法
    15 シート防水の高反射仕様
  • 第6章 シート防水資料集 click [2.7MB]
    1 防水シートの日本工業規格(JIS)
    2 断熱防水層の性能
    3 省エネルギー基準(H25 年改正)
    4 諸官庁・団体のシート防水仕様
    5 消防法の概要
    6 住宅の品質確保の促進等に関する法律及び
      住宅瑕疵担保履行法
    7 高反射率防水シート規格
      (合成高分子ルーフィング工業会)
    8 シート防水工事検査チェックリスト
    9 防水業界の動向
*マニュアルをご入り用の方はKRK事務局へお電話いただくか、メールに必要事項をご記入の上お送りください。
 ご連絡先:KRK事務局 TEL.03-6206-2928 FAX.03-6661-9034
     E-mail:krkroof@krkroof.net
top