仕様と施工

シート防水工法の施工手順

密着(湿式)工法

1.下地清掃

  • 下地との接着を阻害する砂や塵埃、レイタンス、油脂類、水たまりなどを除去、清掃する。

2.プライマーの塗布

  • 下地との接着力を高めるために、左官刷毛などを用いてプライマーを下地に十分すり込むように、均-に当日施工する範囲に塗布する。

3.役物まわりの処理

  • ポリマーセメントペーストを用いて、出・入隅角には成型役物を張付ける。
    ルーフドレン、配管回りまわりなどには増し張り用シートを張り付ける。

4.立上り部の施工

  • 平場の施工に先立ち、立上り部へポリマーセメントペーストを塗りつけ、シートにしわや浮きができないように押え、ローラーなどで転圧して張り付ける。

5.平場部の施工

  • シートをポリマーセメントペーストと共に流し張りし、シートを張り付ける。

6.エヤー抜き作業

  • シートと下地の間にあるエヤーを、ローラーなどを用いてシートの上から軽く転圧して除去する。

7.仕上げ材の塗布

  • シートの張り付け完了後、防水層の外観や機能を再チェックする。
  • 仕上げがポリマーセメントモルタルの場合、コテやローラー刷毛を用いて3~5mm程度(7kg/m2)シートの上に塗布する。
  • 仕上げが保護コンクリート・モルタルの場合は別途工事となります。