仕様と施工

シート防水工法の施工手順

機械的固定工法 塩ビ樹脂系シート防水

1.下地処理と確認

  • 樹脂アンカーやビスの引抜試験を行う。
  • 水たまりになるような大きな不陸は、補修し平滑にする。
  • 固定強度が適正かどうか、下地の強度を確認する。

2.絶縁用シートの敷設

  • シートの敷設は突き付けとし、しわ、ふくれの無いようにする。
  • ジョイント部は、テープ張り。

3.固定金具の取り付け

  • 固定金具は、シートの割付や風荷重を考慮して取り付ける。
  • 樹脂アンカーやビスは、適正な引き抜き強度を有すること。

4.ルーフィングシートの張り付け

  • シートはたるみや歪みが残らないよう、固定金具に溶剤溶着または熱融着をする。

5.ルーフィングシートの接合

  • 溶剤溶着又は熱融着で、接合部のすべてを接合する。接合幅は40mm以上とする。
  • 接合後点検をし、不良個所を補修する。

6.役物まわりの処理

  • シートの張り付け後、ルーフドレンや出・入り隅角などに成型役物を張り付ける。

7.接合端末部のシール

  • シール材を用い、途切れのないようすべての接合部をシールする。